千葉の葬儀での香典返しについて。

香典をもらったら、香典返しをするのがマナーです。

・返礼品について

葬儀に参列する時、香典を持参します。

金額は年齢や故人との関係により変わりますが、香典を渡すと香典返しをもらいます。

ただし葬儀中は何かと慌ただしいので、すぐに香典返しができませんし、誰が参列するかもわからないので、無難でかさばらない品物を選び、当日に即返しをしておきます。

これは邪魔にならない事が条件ですから、ハンカチやミニタオル、お茶など箱が小さく済、価格もあまり高くない物を選びます。

・香典返しについて

返礼品は香典をもらったら即渡せる物を選びます。

それから後日改めて、香典返しを送るのが一般的です。

葬儀の返礼品は、香典の金額に関係なく、ほとんどが一律です。

返礼品は、葬儀が終わってから改めてお返しをする場合に、香典の金額に合わせて選びます。

目安はだいたい香典の3分の1か半分くらいを目安にします。

・まとめ

香典返しはだいたい同じ金額の人には、まとめて同じ商品を送る事もできますが、最近は予算に応じてカタログを送り、そこから好きな物を選んでもらう、カタログギフトの香典返しも人気です。

好きな商品を選べるので、欲しくない物をもらってありがた迷惑になる事がないというのがメリットです。

地域による違いもありますが、2,500円から3,000円程度の物を選び、葬儀当日その場で返す事で遺族の負担を減らす事もできます。

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント