千葉の通夜・葬儀での香典について

葬儀に参列する時は香典を持参しますが、香典にもマナーがあります。

香典マナーについて見ていきましょう。

・香典マナー

香典にもマナーがあります。

香典に使用するお札は、ピン札はNGとなります。

何度も使用しているお札を使いますが、余りにもボロボロで破けていたり、シワシワだったりするのも失礼ですので、適度に使用しているお札を選びましょう。

香典袋にお札を入れる時は、向きを揃え正しい向きで入れます。

向きは、顔が印刷されている方を表として、表が中袋の裏側に来るように入れます。

香典袋からお金を出す時には、御霊前と書いてある方から見て裏が見えるようにするのが一般的です。

ただしお札の向きは、逆にしてしまってもそれほど気にしないという意見も多いので、一般常識として知っておく程度でいいかもしれません。

・香典の相場

香典の相場は、故人との関係や年齢によっても変わってきます。

親族の場合は20代で10,000円から30,000円、40代では30,000円から100,000万円と相場も変わってきます。

あまり付き合いはないが、近所で顔を合わせれば挨拶する程度の場合は、年齢に関係なく3,000円が相場となっています。

近所の人数人で出し合う場合は、1人,1000円ずつでキリがいい金額にするという事もあります。

※参考までに→社内・取引先それぞれいくら包む?結婚式やお葬式の「ご祝儀・お香典」のマナーと相場 - Ameba News

・まとめ

葬儀の香典をいくら包めばいいかわからない時は、相場を参考にできますが、あくまでも気持ちですから、あまり多すぎるのも相手に負担をかけるので注意してください。

連名で出す場合は、ほかの人と相談して決めます。

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント